小児歯科 | 世田谷の歯医者 駒澤敬愛歯科

駒澤敬愛歯科

小児歯科

小児歯科について

image

小児歯科では、歯が生える0歳から永久歯が生え揃う15歳くらいまでのお子さんを対象として、歯と口の病気の予防と治療を行っています。
お子さんの場合は、大人と違い、体も、お口も常に成長しているという状況にあります。私たちは、健全な永久歯列の育成を目標にして、お子さんの成長発育に応じた治療を行っています。
当院には幼稚園教諭資格2種やチャイルドマイスターの資格を持ったスタッフがおりますのでお子さんでも安心して治療を受けることができます。

乳歯の役割

乳歯は3歳ごろまでに全てが生えそろいます。お口の中はきれいに磨けてますか?乳歯の役割は大きく3つあります。

  • 1、噛むこと

    image

    良くかむことで、子供の成長発達に必要な栄養が効率よく吸収され 脳の発達に役立つと言われています。

  • 2、永久歯の誘導

    image

    乳歯から永久歯に生え変わる時期には乳歯の根は吸収され次に生えてくる永久歯を誘導します。そのため乳歯が早期に虫歯で脱落していると不正咬合の原因になる場合があります。

  • 3、発音

    image

    たくさんの言葉を学習する幼児期は歯が健康であることで、正しくきれいな発音が可能になります。

よくある質問

Q
乳歯が残っているのに、横から永久歯が生えてきました
A
永久歯が生えようとする頃には通常乳歯は、揺れてきて自然に抜けることが多いです。しかし、時には何らかの理由で残っている場合があります。永久歯の邪魔になるように残っていると、歯並びなどに影響が出ることがあるのでできれば残っている乳歯を取り除いたほうが良いでしょう。
Q
3歳で指しゃぶりが残っているのですが止めさせたほうがいいですか?
A
3歳くらいまでの指しゃぶりはあまり気にすることはないですが、5,6歳になってもまだ残るようであれば顎の発育や歯並びにも影響がでてくるので、止めさせる必要があります。
Q
転んで歯をぶつけてだんだん色が変わってきました
A
打撲によって歯の中の神経が痛んでいる可能性があります。ぶつけた歯が乳歯であってもその奥のほうには永久歯が待機してるはずですから、その影響も考えなくてはなりません。
なるべく早く歯科を受診してください。

ページトップへ戻る