審美歯科 | 世田谷の歯医者 駒澤敬愛歯科

駒澤敬愛歯科

審美歯科

審美歯科について

image

他の人に自分の歯や口を自信を持って見せられるように、というのを目標に治療します。
一言で審美と言っても、様々ですが、歯科に関することで言うと、歯の色、歯茎の色、歯の形、歯並びなど、口元全般について気になる所を改善していきます。

歯を色を白くする方法

歯面清掃機を使ったクリーニング

治療内容

たばこのヤニやコーヒー・紅茶などの着色など、歯の表面に付いた汚れを除去する。

【利点】
  • 歯を削らない。
  • 細かい溝の汚れもとれる。
  • 治療が1回ですむ。(汚れがひどいときは2回くらい)
【欠点】
  • もともとの歯の色は変えられない。
  • 心機能障害がある方には行えない。
治療方法 細かい粒子の粉と水を歯の表面に吹きつけて、付着した汚れを落とす。
費用 上下で5,000円

薬剤による漂白

治療内容

漂白剤を歯の表面にのせ作用させて、歯の色そのものを白くする。

【利点】
  • 歯を削らない。
【欠点】
  • 時間が経過すると、元の色に戻る場合もある。
  • 被せてある歯は白くならない。
  • 白さに限界がある。
治療方法 診療室で行う方法の場合3回くらいの通院が必要。
御自宅で行う方法の場合専用のマウスピースを作製し、自宅で行う。1日2時間で2週間くらいマウスピースを装着して白くする方法です。
費用 【診療室の場合】1本1回2,000円
【ご自宅の場合】上下で6万円。上下単独の場合は各3万円

ラミネートベニア

治療内容

歯の全周を削りすべてセラミッククラウンorメタルボンドで被う。

【利点】
  • 希望通りの白さにできる。
【欠点】
  • 歯の表面を削ってしまう。
  • かみ合わせの具合によっては行いにくい。
  • 神経を取ってあると行いにくい。
治療方法 診査診断後、治療方針が決まれば、
(1)歯を削って型どり。
(2)一週間後に、セラミックを貼り付ける。という順序で行う。
費用 1本8万円

オールセラミッククラウンorメタルボンド

治療内容

見える表面だけをうすく削り、削ったところに白くセラミックを貼り付ける。

【利点】
  • 希望に沿った色、形、大きさにすることができる。
  • 時間がたっても変色したりすることはない。
【欠点】
  • 歯を削る量が上記3つの方法より多い。
治療方法 ラミネートベニアと同様に
(1)歯を削って型どりを行う。
(2)1週間後くらいにセラミッククラウンを合わせる。
費用 1本10万~12万

※別途消費税がかかります。

一概に「歯を白くする」と言っても様々な治療方法が考えられます。ひとつの治療法が全ての患者さんに、適切というわけではありません。
そのため、ご本人のご希望をふまえた上で、綿密な治療計画を立てる必要があります。治療方法や治療費などをよくご理解の上で、治療を始めることをお勧めします。まずは、お気軽にご相談ください。

健康的な歯茎の色を取り戻す方法

image

歯茎の色は、喫煙歴が長かったりすると歯茎が黒ずんでくる場合があります。そんな場合でも、レーザー治療を行うことにより、健康的な歯茎の色に戻すことが可能です。

よくある質問

Q
自分の歯が黄色い気がするのですが
A
歯の色が黄色くなる原因としては茶しぶやヤニ、歯石などが付いている場合があります。この場合、歯医者でクリーニングすればきれいになります。
その他、前歯に詰めたり被せたりしているものの色が変わってきている場合は、詰めなおしたりすると改善できる場合もありまあります。また、漂白(ホワイトニング)と言って薬品を歯に塗って色を白くする方法もあります。
Q
奥歯を白い詰め物で治したいのですが
A
虫歯の場所と大きさ深さによって金属のほうが好ましい場合もあります。また保険の効かない材料で白く治す方法もあります。
気になっている部分が白く治せるかどうかは、様々な条件によりますので一度ご相談ください。

ページトップへ戻る